みずほ証券2021年度新卒採用情報 みずほ証券2021年度新卒採用情報

ENTRY MY PAGE

Q1.SDGs(エスディージーズ)について教えてください。

1-1 SDGsとは何ですか?
SDGsとは2015年に国連で採択されたSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の頭文字をとったもので、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴールで構成されており、「誰一人取り残さない」ことを誓っています。発展途上国のみを対象としているわけでなく、先進国も取り組むといった点が一つの特徴です。
SDGsと類似したものでESG(Environment, Social, Governanceの頭文字)投資というものがありますが、これらは密接な関係ではあるもののイコールの関係ではありません。例えば、ESG投資は投資の観点が入ることから、FD(Fiduciary duty:受託者責任)に基づき、投資家の利益を追求していくことも必要とされますが、SDGsは利益の追求を念頭に設定されたものではありません。
2030年に17のゴールを達成させる目標ですが、あと10年しかありません。目標に向けて各国、力を注いでいますが、現時点で達成できているゴールもあれば、達成できていないものもあるのが現状です。
SDGsの採択により、企業の動きにも変化が生じています。自社の重要課題(マテリアリティ)を設定し、SDGsの17のゴールと紐づけた上で、その課題解決のために資金調達をするケースが多くなっています。投資家もSDGsの取り組みを勘案して投資をする傾向がでてきたため、企業は意識して行動をしていかなければいけないと考えます。

1-2 SDGsを意識した〈みずほ〉としての戦略はありますか?
当社は、SDGs債(グリーンボンド、ソーシャルボンド等の総称)のストラクチャリングに強みがあります。グリーンボンド(環境分野への取り組みにあてる目的で資金調達する債券)やソーシャルボンド(社会問題の解決にあてる目的で資金調達する債券)の起債において、世界の有識者とディスカッションを行い、グローバル動向を把握した上で、グリーンボンドやソーシャルボンドの基準に合致するよう、ご発行体と共にスキームを考えます。このような強みを生かし、リース会社やREIT等、業界初案件を手掛けているのも当社の特徴だと思います。
今後、みずほ銀行やみずほ信託銀行だけでなく、みずほ情報総研やみずほ総合研究所など、グループ会社との協働をさらに推し進めていくことで、〈みずほ〉のサステナブルファイナンスのご提供を強化していく方針です。

Q2.SDGs関連の起債が増加している背景は何ですか?

SDGsに対する機関投資家(保険会社や年金基金など)の姿勢が変わっているところだと考えています。SDGsを視野にいれ、ESG投資やエンゲージメント(発行体と投資家の対話)を実施していくと表明している機関投資家が増加しています。そのため、ご発行体もSDGsに関連する起債を増やしています。

Q3.みずほ証券としてどのような成果や実績につながったかを教えてください。

みずほ証券はSDGs債の引受金額で、2019年度にリーグテーブル1位の実績を出しています。引受シェアは約25%であり、他社を大きく引き離しています。ご発行体としっかり寄り添い、綿密なサポートをしていることが理由だと思います。これにより、さまざまな業態のご発行体から当社を選んでいただいています。

Q4.今後について教えてください。

4-1 SDGsに取り組んだことによる自身の成長は何ですか?
私は2017年頃からSDGs債に関わってきました。省庁、官公庁や海外でのカンファレンスに伺うこともあるため、普段仕事をしていてもなかなかお会いできない方と接する機会が多くなりました。それにより、自身のネットワークや知見を広げることができました。活躍されている女性の方とお会いする機会も多く、パワフルな仕事の仕方や、ものごとの考え方に度々刺激を受けました。外国の方とお会いする機会も増えたので、グローバルな金融の動きやファイナンスとSDGs・ESGの融合の動きを感じることもできました。

4-2 これからのSDGsについて教えてください。
まず一つの目安である2030年までは、さらにSDGsを重視する流れは継続すると考えています。一方、グリーンボンドやソーシャルボンドに加え、トランジションボンド(低炭素経済社会への移行を目指す債券)の起債も今後増えていくと思います。温室効果ガス排出産業部門(現時点では技術的・経済的に脱炭素化が困難な産業部門)の企業が今後、CO2削減に取り組むと、低炭素化の貢献率も高く、社会・環境へのインパクトも大きいと議論されています。
さまざまな切り口でSDGsを金融の市場関係者も議論をしていますので、ぜひ企業活動とSDGsの関係を想像してみていただくと、新しい未来が想像できて面白いかもしれません。

◇みずほ証券のSDGsに関する取り組みは下記にまとめています。
https://www.mizuho-sc.com/company/csr/finance/gbsb/index.html

みずほ証券の挑戦に戻る