みずほ証券2021年度新卒採用情報 みずほ証券2021年度新卒採用情報

ENTRY MY PAGE

成長支援制度

キャリア戦力室長が語る キャリア戦力室長が語る

一人ひとりが「真の意味でのプロフェッショナル」へと成長するためにビジョンを描き、行動してほしい。 一人ひとりが「真の意味でのプロフェッショナル」へと成長するためにビジョンを描き、行動してほしい。

新たなステージに踏み出したみずほ証券 新たなステージに踏み出したみずほ証券

日本の社会は21世紀の幕開けとともに、その構造を変化させてきました。ITやモバイルが予想を超えて浸透し、産業のグローバル化も進んでいます。なかでも、少子高齢化の急速な進展は年金制度や健康保険制度といった人生設計の重要部分にも変化をもたらしました。長寿を支えるための資産形成においても、自助努力がより一層求められるようになりました。
こうした社会変化に対応して、証券会社のビジネスも新たな時代へと移りつつあります。制度改革による自由化が進む一方で、行き過ぎた資本主義の世界的な見直しも進んでいます。リテール(個人取引)の分野では短期的な証券売買による利益追求から、長期的な目線で資産を形成する取り組みへと軸脚が移り、ホールセール(法人取引)においても日本の文化や市場の特性を大切にする取り組みが見られます。みずほ証券も時代の変化やニーズを捉え、新たな価値創造と成長戦略を展開しています。

社員一人ひとりがキャリアを描き、行動する 社員一人ひとりがキャリアを描き、行動する

そうした社会変化とマーケット環境を背景に、みずほ証券は「人事運営改革」に取り組んでいます。現場の意見を取り入れた新卒採用基準の導入や、年功序列の廃止、若手の抜擢やマネジメント職に就くための教育の強化、給与や賞与の仕組みの改善など、その内容は「大改革」と言えるほどです。また、採用から教育・育成まで社員のキャリア形成を、「キャリア戦略室」が一貫して担う体制も整えています。
その部署を代表して皆さんにお伝えしたいのは、今回の改革で社員一人ひとりのキャリアを「本人と会社が一緒になって考える」枠組みがより強化されたことです。社員へは自分の今後の歩みについて、年に何度も、上司と時間をかけて話し合う機会を設けています。所属する部門で蓄積されたスキルを活かすステップや、長所を伸ばす次のステージ、将来への希望、そのために学ぶべきことなど、何でも忌憚なく話し合ってほしいと思います。
みずほ証券には多種多様な仕事と職場があり、それぞれの内容を詳しく紹介した部署紹介の動画配信をはじめました。そうしたツールなども参考にしながら、自分が目指すべきキャリアを具体化し、前進してほしいと思っています。

主体性を持ってキラリと光るものを持ってほしい 主体性を持ってキラリと光るものを持ってほしい

みずほ証券には、一人ひとりの社員の「個」を尊重し、「多様性」を容認する考え方が伝統として根づいています。まさにダイバーシティ(多様性)を大切にする風土ですが、一方で「何も持っていない人は埋没しやすい」と考えることもできます。
ですから、私はより大きな声で「何か光るものを持ってください」と若い世代に呼びかけています。考え方、信念、特技、得意分野…など、個性的な集団のなかにあってもキラリと光るものを、一つは持ってほしいと思います。では、そのためにはどうすればよいか。キーワードは「主体性」です。自分で考えて積極的に行動できる人は、やがて得意なものを持てるようになります。背中を押されないと動けない人は、いつまでたっても成長が止まったままです。
皆さんは大学で「やりたい」と思っていたことができましたか。できた人は何か光るものが身についているはずです。まだできていなという人は、残りの時間を使ってチャレンジしてほしいと思います。みずほ証券は、主体性を持って果敢に行動できる人と、一緒に働きたいと考えている会社です。

成長支援制度に戻る