みずほ証券2021年度新卒採用情報 みずほ証券2021年度新卒採用情報

ENTRY MY PAGE

みずほ証券では、すべての社員が多様で柔軟な働き方ができる環境と制度の整備を進め、社員一人ひとりが常に「働きやすさ」を実感でき、各自の持っている能力をフルに発揮できる職場づくりを進めています。ここでは、入社年次もキャリアも違う女性社員たちがみずほ証券の風土や働きやすさ、制度などについて率直に語り合いました。

日頃、実感しているみずほ証券の
風土、特徴、社内の雰囲気

高橋:私が入社した頃よりも、お客さまのニーズは多様化しています。運用だけでなく多様なニーズが多く増えているなかで『One MIZUHO』はお客さまに最適な提案をすることができ、幅広いニーズに対応できていると思います。出席者のなかで一番若い森川さんは日頃どう感じていますか。
森川:入社して最初の研修が、銀行、信託、証券が一緒に受講するプログラムだったので、みずほ証券の社員というよりも、みずほグループの一員という認識が強いです。証券業務にとらわれずに幅広い業務を経験できるところにやりがいを感じています。先輩方もとても優しく、たくさんのアドバイスをくださるのでいつも助かっています。
中村:私は中途入社なので、より強く感じるのかも知れませんが、みずほ証券は多様な人材にあふれていて、バックグランドが本当に豊かだと感じます。人の多様性がみずほ証券の特徴であり魅力だと感じています。
:みずほ証券はとてもフレンドリーな雰囲気で、とても堅実な社風だと思います。ただ、最近は、堅実な部分をベースに新しいことに挑戦していこうという風土も強くなってきていて、さらなるステップアップができると感じています。

私たちが考える
「働きやすさと働き方」

中村:私は公私のメリハリがあって働きやすいと感じています。やると決めたときには困難なことでもできる方法をみんなで徹底的に考え抜き行動に移せる環境があります。また、お客さまと一緒に歩んでいく営業スタイルが徹底されているので、仕事が進めやすいと感じています。みなさんはどのように考えていますか。
森川:私が感じるのは、若手育成にとても力を入れている点です。研修もたくさんあり、基礎からしっかりと身につけていけます。先輩や上司にわからないことを聞きやすいことも働きやすさにつながっていると思います。今後はもっと自分から、違う部署の先輩にもたくさん話しかけて、より働きやすい環境を自分自身で作ることが大切ではないかと考えています。
高橋:3歳と8歳の子どもがいるので、保育園の送迎、学童の状況で早く帰社するときもありますが、「育児との両立」を会社として大切にしてくれていますし、支店長以下部課員も理解があり、周りがサポートしてくれているので、気負いなく働けています。また、子供がいることをいい意味で特別扱いすることなく、課長という責任ある仕事を任せてくれます。そうした環境のなかで、出産前よりも時間管理を行いながら密度濃く仕事ができていると感じています。
:私も子どもがいるので、時短勤務を活用しています。時短勤務は子どもが小学校6年生まで使えるので、とてもありがたいですし働きやすいです。私は社内結婚で主人もみずほ証券に勤めているのですが、これからは男性もさらに育児参加する風土を醸成していけるといいですね(笑)。

各種支援制度と
ワークライフ・マネジメント

森川:研修の後に講師の方から、弱い部分の通信教育を受講するようにと連絡がありました。自分の弱いところに合った受けるべき講座を具体的に教えていただき、「株、債券、投信の基本」「事業承継」などは何回か受講しています。自分が勉強したいと思っていることをフォローしていただけるので、今後も活用していきたいなと思っています。
:知識や資格取得に関してのサポートは手厚いと思います。資格取得のための予備校があるのですが、会社からの費用補助があるので助かっています。私は産休取得中に予備校に通いました。
高橋:産休・育休制度も充実しています。私は育児休業制度を子ども2人とも1年以上取得しました。そのおかげで、子どものハイハイや一人歩きの時期に立ち会うことができ充実した時間を過ごすことができました。また、保育料のかかる2歳までの期間は育児保育施設費用補助金もあり、資金面での補助もありがたく思っています。
中村:私は2018年に職系転換制度でA職からM職に転換しました。転換したことで、これまで漠然としていた自分のキャリアが、少しずつクリアになってきたと感じています。職系転換制度を活用してよかったと思っています。

学生のみなさんへの
アドバイス

:支店の仕事はいろいろなお客さまに合うので、コミュニケーションが大切です。学生時代に海外に行ったりして、たくさんの人と接することをお勧めします。また、「証券アナリスト」などの資格は若いうちに取得した方がいいと思います。
中村:コミュニケーション力が大切というのは、本当にその通りだと思います。私はA職からM職に転換して、実家の鹿児島から東京へ異動しました。最初は、東京はマーケットが大きく不安もありましたが、大切なのは人と人の関係づくりだと肌で感じました。就職先を考えるとき、何をするかはもちろん大事ですが、どんな人と一緒に働くかということも大切だと思います。
森川:私は文学部だったので、説明会などで経済学部などの人たちに囲まれて不安でしたが、同じ文学部出身の先輩社員と話をして、こんな風になれたらいいなと感じました。また、研修では基礎の基礎から教えてもらえます。就活生の人の中には私と同じように経済学部じゃないから証券会社に勤めるのは不安という方も多いと思いますが、大丈夫です。どんどん説明会などに参加していただけたらと思います。
高橋:しっかりと目的、目標を持って頑張って欲しいと思います。仕事を進めていくなかで目標が変わっていくこともありますが、『One MIZUHO』の中核企業であるみずほ証券のフィールドは思った以上に広いので、そうした変化もしっかり対応できます。軸を持って挑戦する人をしっかりサポートする環境が整っていますので、どんどんチャレンジしていただければと思います。

Mizuho's Women