why なぜ、私はみずほ証券を
選択したのか。

01

就職活動時の私の軸は、コミュニケーション能力を活かせる職種に就きたいということでした。その中でも特に、自身が最も成長できる業界は何かと、業界研究を進めていくうちに出会ったのが証券業界です。日々変動するマーケットや世界情勢と対峙し、幅広くも専門的な知識が求められる証券営業は、常に勉強し続ける必要があります。また、お客さまには会社オーナーといった方々も多く、そういった方々と真剣にビジネスに取り組む過程において学ぶことも多く、最も自分が成長できる環境があるのが証券業界であると確信し、この業界を志望しました。小学生の時から大学まで野球に打ち込んでいましたが、そこで学んだ「努力を継続することの大切さ」や「諦めない精神」も活かせると思いました。そして証券業界の中でもみずほ証券を選んだ理由はグループ会社各社が一体となったビジネス推進をする「OneMIZUHO」戦略や、また挑戦者として業界トップを目指す姿勢に魅力を感じましたね。しかし、最後の決め手になったのは「人」です。社員の方々の、思いやりのある人間性がとても魅力的で、ここで働きたいと思いました。

01

what 私は日々、何を原動力に、
何に挑んでいるのか。

02

立川支店に配属となり、入社1年目は新規開拓営業を中心に行い、2年目からは先輩社員が担当していたお客さまを引き継ぐようにもなりました。新規開拓営業は非常に難易度が高く、まずは会社に電話をするのですが、そもそも電話では断られることが当たり前で、口座を開設することはおろか、アポイントすら全く取得できない日々が続きました。そのような中で、一つのチャンスに遭遇しました。とある他社とのコンペです。入社1年目であったため太刀打ちできないと思いましたが掴んだチャンスを無駄にしたくないという強い想いで必死で勉強し準備をしました。社長に向けて想いを込めた手紙も書き、これだけやったから悔いはないという気持ちでコンペに臨んだ結果、みずほ証券を選んでいただけました。「君の人間性を買った」とお言葉をいただき、「人間力」の大切さについて改めて考えさせられ、これからも自身を磨き続けること、成長し続けることを決意した瞬間でした。

02

when 私はどんな瞬間に成長し、
達成感を享受するのか。

03

お客さまとの信頼関係を一から構築し、その結果、「みずほ証券の江川」を選んでいただいたとき、に喜びを感じます。メーカーの商品とは異なり、証券会社のサービスはどこの証券会社でも類似するところが多いのですが、その中でもお客さまから選ばれる必要があります。そのためには、自分の人となりをすべてお客さまに知っていただくことです。出身地や家族、学生時代のこと、趣味、好きなことなど、何でも話して私という人間を理解してもらい関係構築へ展開していきます。あるお客さまから「商品の話もせず、いきなり自分のことを話す営業担当者に初めて会った」と言われましたが、後に当社とお取引いただけることになりました。お客さまのことを知ると同時に、自分のことも知ってもらう、そうすることで本当の信頼関係を構築すること、それが私の営業スタイルです。

03

how 私は将来どう挑み、
実現するのか。

04

「お客さまのため」に動くこと、心の汗をどれだけかけるかが大切だと思っており、その結果、みずほ証券を選んでいただいたときは、何にも代えられないやりがいを得ます。また、お客さま起点で考えることを通じて本当の「思いやり」を知り、その大切さを痛感しました。「お客さまのため」の行動を一つひとつ積み重ねていきたいと思っています。お客さまと相対するようになって、本気で真剣に相手を思いやることで、本当の「思いやり」を知り、その大切さを痛感しました。今後、「貯蓄から資産形成へ」の促進に貢献できるプロの証券パーソンになれるように日々挑戦し続けたいと思っています。「お金の相談は江川君に」と、お客さまからファーストコールをいただける営業担当者になることが、入社以来変わらない目標であり、私の挑戦でもあります。資産運用のことだけでなく、証券税制・相続・事業承継などあらゆる場面でお役に立てるよう幅広い知識を更に身に付けていきたいです。現在、CFPや証券アナリスト、英語力を身に付けるためにTOEIC等の資格取得を目指して勉強しています。お客さまに貢献し、自身も常に成長・挑戦し続ける、そうありたいと思っています。

04