リテール・事業法人部門では、個人のお客さまから法人のお客さままで、
お客さま一人ひとりのゴール(目標や展望)に寄り添い、
対話を通じた高度な総合資産コンサルティングを提供しています。
また、多様化するお客さまのニーズにお応えするため、
業界トップの店舗ネットワーク、コールセンターや
インターネット(みずほ証券ネット倶楽部)のチャネルもご用意しています。

リテール・事業法人部門の営業体制
  • 01リテール営業
  • 02法人営業
  • 03プライベートバンキング
  • 04支店営業支援

01リテール営業

個人および中小企業のお客さまに対し、資産運用のコンサルティング営業を行います。金融商品・投資情報の提供に努めるほか、みずほ銀行・みずほ信託銀行などのグループ各社と連携し、〈みずほ〉の専門的かつ高度で幅広い金融サービスを提供しています。

02法人営業

事業法人、公益法人、学校法人などさまざまな法人のお客さまに対し、運用商品の提供を通して、事業以外での収入の確保や保有資産の有効活用をサポートし、お客さまの財務体質の強化・向上へ貢献しています。グローバル投資銀行部門と異なり、上場企業のみならず未上場企業および新興市場企業のお客さまを多く担当するため、将来のIPOやM&A候補先の発掘も重要な役割です。

03プライベートバンキング

超富裕層や企業オーナーなどのお客さまに対し、資産運用、資産管理、資産・事業承継、自社株対応など、お客さまが抱える問題を的確に把握し、各専門部署と協働しながら解決へと導くコンサルティング営業を行っています。

04支店営業支援

みずほ証券として専門性の高い情報提供ができるよう、各営業店を様々な形でサポートします。具体的には営業店運営に係る事項についての企画・立案、人材育成、商品企画、投資情報の発信を行う部署などがあります。

強み

業界トップの国内店舗
ネットワーク

業界トップの国内244拠点(2020年9月30日現在、プラネットブース含む)のネットワークを活かし、全国のお客さまの幅広いニーズにお応えしています。

みずほフィナンシャルグループ各社との連携

みずほ証券は、みずほフィナンシャルグループの中核証券会社として、グループ各社との連携でお客さまのあらゆるニーズに迅速に対応しています。
みずほ銀行の店舗内で証券サービスを提供している‟プラネットブース‟をはじめ、銀行・信託との共同店舗化の推進に取り組み、総合金融サービスをワンストップで提供する体制を保有しています。

企業の事業戦略に応える投資銀行ソリューションの実績

全国の法人のお客さまに対し、事業戦略上のお悩みに的確にお応えするため、資産運用のサポートだけでなく、株式上場支援、資金調達、事業承継などの投資銀行ソリューションを本社各部門と連携しながら展開しています。

「2020 CRMベストプラクティス賞」を受賞

みずほ証券は、お客さま視点の行動マネジメントの取り組みが評価され、一般社団法人CRM協議会※1が選定する「CRMベストプラクティス賞≪継続賞≫※2」 を受賞しました。

※1:2009年10月1日に発足し、ユーザー、ベンダー、アカデミーらが協力しながら、日本における「顧客中心主義経営」<Customer Centric Relationship Management(CCRM)>のあるべき真の姿を研究・追求し、これを推進すべく、2000年4月より発足していたCRM協議会の活動を引き継いでいるオープンでノンプロフィットの会員組織です。
※2:顧客中心主義経営の実現を目指し、戦略、オペレーション、組織の観点から顧客との関係を構築し、その成果をあげている企業・官公庁・団体を表彰するものです。≪継続賞≫は、4年連続で「CRMベストプラクティス賞」を受賞した企業・官公庁・団体に送られるものです。

2018 CRM BEST PRACTICE AWARD

この仕事に関わる社員