みずほ証券2021年度新卒採用情報 みずほ証券2021年度新卒採用情報

ENTRY MY PAGE
上場を思い描く未上場企業の経営陣と綿密なコミュニケーションを取り、企業価値の最大化に貢献していく。 上場を思い描く未上場企業の経営陣と綿密なコミュニケーションを取り、企業価値の最大化に貢献していく。

Why なぜ、私はみずほ証券を選択したのか。 Why なぜ、私はみずほ証券を選択したのか。

高校から陸上を始め、さらに高いレベルを求めて大学でも体育会陸上競技部に所属し、箱根駅伝を目指していました。箱根を走ることはできませんでしたが、主将も務め非常に充実した大学生活を経験することができました。ただ、部活動中心の学生生活で、就職活動を始めた頃は、社会に出てからやりたいことが具体的にありませんでした。いろいろな業界の企業を見て回るなかで、企業を資金の面から支える金融業界に興味を持ち、企業研究を金融に絞っていきました。その中でみずほ証券に決めたのは、企業訪問で出会った先輩社員の方に勧められたこととみずほ証券は銀行・信託・証券が連携したグループ一体の『One MIZUHO』というビジネスモデルがお客さまにとって非常に有益であり、そういう会社はこれからより評価されていくだろうと感じたからです。また、企業の経営に直結するファイナンスやマーケットのプロフェッショナルとして、さまざまな企業の経営陣とコミュニケーションを取れることに魅力を感じたことも入社の決め手になりました。

What 私は日々、何を原動力に、何に挑んでいるのか。 Why なぜ、私はみずほ証券を選択したのか。

入社後は、企業金融第二部に配属となり、未上場企業に対してのファイナンス(IPO、市場変更、M&A)支援、資本政策、ストックオプションなどの投資銀行業務を行っています。具体的には、新規株式公開や、研究開発・販路拡大を進めるため大手資本に入るM&Aによってベンチャー企業の成長の支援をし、日本社会の発展に資するのがミッションとなります。その中で特にメインとなるのがIPOです。これは上場するタイミングの2年以上前から準備を始めなくてはならないため、1つの案件に数年かかります。上場準備に入る前からお付き合いをしていくことも多いため、一つの企業と5年以上お付き合いして共に上場を目指していくというのも珍しくありません。上場することで成長が見込めるベンチャー企業を新規開拓し、マーケット部門やアナリストをはじめとする各専門部隊と連携しながら、主幹事証券会社となることを目指します。私たちの仕事のクオリティがその会社の成長ストーリーに深く関わっていく責任感や、目指す世界を熱く語る経営陣とディスカッションをしながらともに成長していくところに、他の業務では感じることができない充実感があると思っています。

When 私はどんな瞬間に成長し、達成感を享受するのか。 When 私はどんな瞬間に成長し、達成感を享受するのか。

IPOの業務特性上、専門的な知識が非常に重要で、覚えなくてはいけないことは2万以上あるといわれています。配属当初は知らないことばかりで部署の先輩方が何をいっているのかわからないような状況でした。今でもわからないことは多々あるのですが、同行訪問や、過去事例の研究などを重ねることで、徐々にお客さまからの質問に自分なりの答えが返せるようになってきたと感じています。先日は先輩が進めていた案件の資料作成をした際に、自分が考えた資料が評価されて主幹事になれたといわれたときは、嬉しかったですし達成感を感じました。日々の業務をただ漫然と行うのではなく、現在の株価と上場した際の株価を考えるなど、顧客企業の成長ストーリーと企業価値のイメージを持って業務に取り組むことを意識しています。また、税務、法律関係の勉強も進め、企業価値の最大化に最大限貢献していきたいと考えています。

How 私は未来にどう挑み、実現するのか。 How 私は未来にどう挑み、実現するのか。

入社してまだまだ経験が浅いので、具体的に何にチャレンジしたいかは思い浮かびませんが、広範な業務に触れて経験を積んでいくことで、一つひとつを着実に自分のものにすることが現在の課題だと感じています。まずはアンテナを張って、上場したいと思っている企業を見つけてアプローチしていくことが基本です。同業他社もアプローチしているなかで、主幹事証券会社となるためには、経営者が一番大事にしていることや、肝となる部分をいち早く感じとって対応していくことが重要です。そして、経営者から「あなたにお願いしたい」という言葉をいただくことが目指すところです。みずほ証券は2018年の主幹事件数1位ですし、環境はとても恵まれていると感じています。そうした環境の中で、『One MIZUHO』というビジネスモデルを最大限に活用するために、自分なりのグループ内ネットワークも作っていきたいと思っています。メンタル面や体力面は陸上で培ってきたので自信があります。後は自分なりのプロダクトを持てるようにしていきたいと思っています。