01私のライフスタイル

Mizuho's Women

山口 あずさ

Azusa Yamaguchi

プロダクツ本部
アドバイザリー第四部

2014年入社
法学部卒

※所属部署は取材当時のものです。

Life Style

大学時代から続けている
ホットヨガで
心も体もリフレッシュ

大学4年の夏にホットヨガの体験に行き、想像していた以上に柔軟性や代謝がアップして気持ちがスッキリしました。それ以来、ホットヨガは私の生活の一部になりました。自分と向き合うことで気分がリセットされ、たくさん汗をかくので体もリフレッシュされます。社会人になってからは、仕事とプライベートのどちらも全力で取り組みたいと考えていましたので、ホットヨガは健康管理でもとても効果があると感じます。ですので、どんなに忙しくても最低週1回は通うようにしています。
「仕事が忙しいとプライベートが犠牲になる」といったイメージを持っている方もいると思いますが、私はむしろ仕事が充実しているからこそ、プライベートも満たされたものになると思っています。みずほ証券には時間を上手に使って、仕事もプライベートも充実させている先輩方がたくさんいらっしゃいます。そんな先輩方を見習って、私もどちらも大切にしていきたいと思っています。

Work Style

アメリカのM&Aチームでの
トレーニー経験を
日本でのクロスボーダー
M&Aに生かす

入社以来一貫してM&Aのアドバイザリー業務に携わっています。私の業務は、どのような条件で買収・売却することがクライアントにとってベストかを検討するためのデューデリジェンスや企業価値評価などを行うことが主ですが、年次が上がるに連れて案件のマネジメントを担う局面も多くなりました。仕事を進めるうえでは、クライアント目線を意識して、何が「お客さまのために」なるのか徹底的に考えるようにしています。
2017年7月から米国みずほ証券のM&Aチームにトレーニーとして派遣され、現地で1年間M&Aに携わりながら海外でのビジネスの進め方や経営に係る意思決定のスピードを肌で感じました。また、それまではメールだけでやり取りをしていた人たちと、初めて顔を合せて仕事をしたことがとてもプラスになっています。海外M&Aで難しいのはコミュニケーションです。アメリカの合理的な考え方は確かに正しい面もありますが、日本の商習慣に適さないケースもあります。メールだけではなかなか伝わりませんでしたが、同じ空間で仕事をしたことで、相手が考えていることや思いなども理解できるようになりました。この時の経験が、帰国後日本でクロスボーダーM&Aに携わる際に大変役立っています。

02私のライフスタイル

Mizuho's Women

荒 舞衣子

Maiko Ara

千葉支店
法人部

2016年入社
商学部卒

※所属部署は取材当時のものです。

Life Style

5歳から続けている
クラシックバレエが日々の
生活にメリハリを与える

私自身はあまり記憶がないのですが、子どもの頃に親がいくつかの習いごとを勧めたなかで、クラシックバレエだけは、自分から興味を持ってやるといって続けたそうです。そんなクラシックバレエを社会人になっても継続したいという思いが強く、勤務地が限定されているA職で入社しました。そして、現在も週に1度平日の夜にレッスンを受けています。2年に1回発表会があり、前回は「眠れる森の美女」のオーロラ姫をソロで演じました。次回は「パキータ」でソロを演じる予定で、レッスンして準備を始めています。そしていつかは「白鳥の湖」に挑戦するのが私の夢です。バレエ以外では休日に友人とご飯を食べに行ったり、旅行したりしてリフレッシュしています。旅行は2カ月に1度は必ず行っていますし、長期の休みは海外旅行をしています。次の大型連休にはシンガポール旅行を予約しました。
しっかり仕事をするためには、生活のメリハリが大切だと思っていますし、それが実現できている現在の環境には、とても満足しています。しかし、将来的には隔地間の転勤もあるM職への転嫁も視野に入れています。一生この仕事を続けていきたいと思っていますし、そのためには、さまざまな部署や職種を経験して、知識とノウハウを深める必要があると考えています。

Work Style

お客さまの潜在ニーズを
引き出して、
ニーズに合った情報を伝える
ことで
信頼を築く

法人営業を担当していますが、何よりも大切なのはお客さまを知り、お客さまに自分を知っていただくことです。お客さまと話す機会を多く設け、それぞれのニーズに合った提案ができるように密にお話させていただき、考えや今後の見通しなどのずれが出ず、同じ方向を向けるように努力しています。それが信頼関係につながっていきます。また、法人営業の特徴の一つに商品の多様性があります。多様な商品の中からお客さまにとって最善な提案をできるように、これからも日々努力を続けて成長していきたいと考えています。
今後はお客さまへの情報提供はもちろん、社内の後輩にも自分の経験を伝えていき、後輩の育成にも注力していきたいと考えています。このように考えるようになったのは、自分自身が求められる情報を伝える仕事をしたいと思っていたことと、あるお客さまから「あなたは人に情報を伝える仕事が向いている」といっていただいたからです。それが私のモチベーションにつながっています。

Recommended Contents

関連コンテンツ