人材育成について

みずほフィナンシャルグループにおける人事の基本ポリシー

〈みずほ〉の人事の目指す姿

〈みずほ〉で働く全ての社員が、自らのステップアップと組織貢献に対する意欲を高め、各人の能力を伸ばし最大限に発揮し続けながら、〈みずほ〉で長く活躍することを通じて、持続的に「社員エンゲージメント(社員と会社がお互いの成長に貢献し合う関係)」を向上し、人材における競合他社との圧倒的な差別化を実現します。

みずほ証券の目指すべき人材像

大きく変貌を遂げる証券業界のなかで、将来の変化を見据え、果敢にチャレンジしていく人材が数多く活躍しているみずほ証券では、社員一人ひとりが主体的かつ積極的に行動し、「真の意味での強いプロ人材」の育成に取り組んでいます。意欲あふれる皆さんとの出会いをお待ちしています。

「壁を作らず繋がり」
ビジネスを進め、
「壁を越えて」
チャレンジし続ける
「真の意味での強いプロ人材」

  1. 本当のプロとなるための成長機会の提供
  2. “見てくれている安心感・プロとしての緊張感”のある育成カルチャーの構築
  3. 「実質」を重視したメリハリのある処遇体系

研修体系図 (抜粋)

みずほ証券の最も重要な経営資源は人材です。新規採用・配属時の研修の充実、各階層にわたる教育・研修プログラムの提供を通じて、社員の主体的なキャリア育成を支援し、魅力ある人材の育成に取り組んでいます。

研修体系図

成長支援制度
「採用・教育統括者が語る」

一人ひとりが「真の意味でのプロフェッショナル」へと
成長するためにビジョンを描き、行動してほしい。

read more

新入社員育成について

新入社員育成体制

みずほ証券の新入社員育成制度は、OJT、OFF-JT(集合研修)、自己啓発。
この3つの手法を体系的・機能的に組み合わせて実施します。

人材育成の3つの手法

新入社員年間育成カリキュラム

新入社員研修

導入研修・グループ共通入社時研修会

入社後、総合証券パーソンとして必要なビジネスマナー、ビジネススキル、基礎知識等の習得を目指します。また、グループ共通で〈みずほ〉の社員として必要となるスタンスや行動様式、知識・スキル等の素地を作ります。

フォローアップ研修

育成期間中、定期的にフォローアップ研修を実施。変化の激しい業界のなかで、永年にわたり必要な基礎業務、知識、スキルの習得を目指します。

インストラクター制度

新入社員が社会人として、総合証券の社員としていち早く自立し、職場の戦力として活躍できるよう、支援、指導するための制度。OJTを通じて、所属長、上司、先輩と共に、新入社員が「目指すべき姿」を体現できるよう育成します。

特集03|何が人を育てるのか
Institution

read more

メンター制度

インストラクターとは別の先輩社員(メンター)が、新入社員(メンティ)の相談に乗り、経験や知識を伝えることにより、新入社員の成長をサポートする制度。上司やインストラクターとは違った立場からアドバイスを送ることで、日常業務の中では話せない「業務上、キャリア上の悩み、不安、疑問点」につき相談できる環境をつくります。

主な育成・研修制度

各種研修プログラム (抜粋)

  • 01 | 能力発揮段階 3年目研修

    業務を行う上で必要な思考力のうち、その基礎であるロジカルシンキングを改めて基礎から学び高めることで将来に向けた思考力強化の礎を築く。

  • 02 | 成果発揮段階 人材マネジメント研修

    人材マネジメントサイクル機能向上ならびにエンゲージメント向上のため、効果的なコミュニケーションを通じた部下育成と目標達成を両立するためのマネジメント力を強化する。

  • 03 | 組織牽引段階

    FLDP【選抜型】(Future Leaders Development Program)

    みずほ証券グループの次世代リーダー候補に対し、課題・戦略の議論を通じ、当社経営層、次世代リーダー候補との交流の場を提供。

    MDDP【選抜型】(Mizuho Director Development Program)

    D(ディレクター)職階者対象に実施。
    部室店経営者として求められる、知識、スキル習得および戦略立案のできる構想力、実行力の習得。

  • 04 | グローバル人材育成

    公募制英語ビジネススキルトレーニング

    英語力の強化のみならず、グローバルビジネスの場面で必要となるさまざまなスキル(英語によるロジカルシンキング、プレゼンテーションなど)を身につけるための研修を多数実施。

    海外短期留学

    海外の大学が提供するExecutive Education Programや語学学校への留学を通じて、語学力のみならず異文化理解・コミュニケーションスキルの向上を目的とする短期留学制度。

  • 05 | デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた社員育成

    AI人材育成プログラム

    データサイエンティスト・AIエンジニアを育成すべく、数学・プログラミングを学ぶ。

    デジタル人材育成プログラム

    デジタル技術を活用したビジネスアナリストを育成すべく、ビジネス企画推進をアクションラーニング形式で学ぶ。

自己啓発・
キャリア支援制度

自己啓発支援制度 | 社員の自己啓発を支援するため、さまざまな制度を整えています。

  • 01語学学習支援
  • 02資格取得支援
  • 03各種学校学費支援
  • 04通信教育受講支援
  • 05グループ共通ポータルサイト

01語学学習支援

TOEIC・TOEFL(iBT)の受験者で一定の基準を満たした場合や各種語学セミナーの受講修了者に対し、補助金を支給します。

02資格取得支援

ファイナンシャル・プランナーやプライベートバンカー、証券アナリスト、アクチュアリーなどの補助対象資格の取得に際し、補助金を支給します。

03各種学校学費支援

補助対象の資格取得や業務上関連する学位取得を目的とした通学、ビジネススキル取得を目的とした指定講座の受講を支援します。

04通信教育受講支援

指定する各種通信教育講座の募集を行うとともに、指定講座修了者のうち補助金希望者に対し、補助金を支給します。

05グループ共通
ポータルサイト

自宅でも利用可能なグループ共通の教育ポータルサイトを導入。多くの社員が自己啓発に役立てています。

ジョブ公募制度

社員一人ひとりの主体的行動と成長を支援し、多様な人材の活躍実現に向けて社員の強みを活かし、能力開発やスキルを身につける機会を提供し、挑戦する社員を全力で支援するジョブ公募を実施しています。グループ横断で幅広い職務のなかから、自ら希望する職務に挑戦できる制度となっており、銀行・信託・証券を跨いださまざまな職務に応募できます。

利用者の声

  • 入社2年目の時に、新規開拓した法人のお客さまから債券の大口注文をいただき、法人営業のダイナミズムを実感しました。その時の経験から法人営業のプロフェッショナルになりたいと思い、宇都宮支店から法人セカンダリー業務のジョブ公募に応募しました。私が配属された東京法人第二部では社内の専門部署、銀行などさまざまな人と連携して活動しています。〈みずほ〉が持っている多様なリソースを自らが調整役となって活用し、チームで成果を挙げることが法人営業の醍醐味だと思います。
    今後はお客さまの期待を超えるような提案ができる法人営業パーソンになることが目標です。

  • 入社当初に配属された支店での営業で、お客さまごとのニーズを把握してお客さまと一緒に運用プランを組みたて、資産形成のお手伝いをすることにやりがいを感じていました。そうした経験をする中で、自分自身が担当するお客さまだけでなく、より多くのお客さまにエクイティ商品を生かしたポートフォリオの提案や提案のサポートがしたいと考え、ジョブ公募に応募しました。
    異動後は、営業店に向けてエクイティ商品の営業支援マーケティングを行い、担当者の個別案件相談なども受けています。今後の目標は、エクイティの専門知識を養い、エクイティ商品を活用してお客さまの満足度をより向上させること、何かあれば大角さんに相談しようと思ってもらえる存在になることです。

留学制度

経営知識、専門知識および国際感覚を身につけ、グローバルベースで活躍できる視野の広い人材を育成することを目的に、入社4年目以降で一定の基準を満たした社員を対象に国内外大学院のMBAプログラムなどの留学を支援しています。

対象とする進学先

MBA(ビジネススクール)、LL.M(ロースクール)、MS(コンピュータサイエンス、データサイエンス、金融工学・数理ファイナンス等)、MPP・MPA(公共政策大学院)、デザインプログラム等のコース

留学者の声

  • 深瀬 喜哉 Yoshiya Fukase

    海外MBA

    進学先 / 米・欧・アジアの海外大学院 ( 最長2 年間で、プログラムによっては2年未満も可 ) ペンシルバニア、MIT、IESE など

    read more

  • 光法 賢太郎 Kentaro Mitsunori

    国内MBA

    進学先 / 早稲田大学ビジネススクール、一橋大学大学院商学研究科経営学 修士コース、国際大学大学院国際経営学研究科

    read more