why なぜ、私はみずほ証券を
選択したのか。

01

大学4年の夏に留学先から帰国し、それから就職活動を始めました。「日本企業の世界的プレゼンスを向上させる」という視点でさまざまな業界を調べたり、先輩を訪ねたり、インターンシップに参加したりしました。M&Aアドバイザリーという現在の業務に興味を持ったのは、ある投資銀行のインターンシップでM&Aビジネスの一部を疑似体験したことがきっかけです。
投資銀行業務をもっと知りたいと思うようになり、M&A実務やコーポレートファイナンスに関する書籍などを数多く読み理解を深めるよう努めました。投資銀行のインターシップには早くから第一志望として定め、準備してのぞむ学生も多く、出遅れを感じたことも自分を奮い立たせる要因となりました。
数ある投資銀行からみずほ証券を選んだのは、インターンシップでお会いした先輩方から「挑戦させるカルチャー」を強く感じたからです。高いハードルが用意されている一方で、インターンシップとは思えないレベルで真剣にサポートしていただきました。また、みずほ証券は関与するM&A件数が業界トップクラスであり、挑戦・成長できる環境が整っていると感じたことも理由の一つです。

01

what 私は日々、何を原動力に、
何に挑んでいるのか。

02

自動車業界や化学業界に関連したM&Aアドバイザリー業務を担当しています。私たちの仕事は、クライアントが企図するM&Aの実行をサポートし、顧客の経営戦略の実行や事業の成長・拡大に向けたステップを提供することです。一義的には、M&Aの検討から完了までの短期的なサポートを行う仕事ですが、中長期的な視点をもって個別ディールのサポートを行い顧客からの信頼を蓄積することが、持続的な案件獲得において重要となります。
アドバイザリー業務において、若手はデュー・ディリジェンスやバリュエーション、資料作成などの実務を通じて知識やスキルを身に着けます。我々の仕事には、法務や会計、税務等の知識が必要不可欠ですから、自ら進んで学び続ける姿勢が問われます。当然、私もアドバイザリー業務を志した時点では十分な知識がなかったので、入社前後において、特にコーポレートファイナンスや会計を集中的に勉強しました。現在は、日々さまざまな知識をインプットする一方、その知識を業務でアウトプットすることで、経験に基づいた「生きた知識」へと変化させるべく励んでいます。

02

when 私はどんな瞬間に成長し、
達成感を享受するのか。

03

まだまだ勉強中ですので、いろいろな場面で自らの成長を感じています。たとえば、資料作成では入社して間もない頃はたくさんの詳細な指示をいただきましたが、少しずつその数は減り、内容も簡素になりました。いまでは、簡潔なコミュニケーションだけで求められる役割や要点がどこにあるのか、分かるようになりました。「〇〇をよろしく」と言われただけで意図を理解し、期待を超えるアウトプットができたときなどは、成長の手応えを覚えます。
一方、クライアントとのコミュニケーションや交渉相手とのネゴシエーションの場面において、自分の至らなさに気づくことも多くあります。今後はそうしたソフトスキルの向上にも努めたいと思います。

03

how 私は将来どう挑み、
実現するのか。

04

キャリア形成の短期的な目標は、アウトプットの質を一つひとつ高めていくことで、一人前のバンカーとして周囲から信頼される人材になることです。業務知識の習得はもちろんのこと、実務経験を数多く積むことにより、案件管理や説明・交渉の能力も高めたいと思います。
中長期的には、案件を創り出す側に回りたいと考えています。案件の獲得はシニアバンカーに求められる役割であり、バンカー個々人の考え方やスタイル、それまでの経験が如実に現れる部分だと思います。自身がシニアバンカーになった際に、何を武器に案件を創出するか、具体的なビジョンはまだありません。しかし、アドバイザリーの先輩方を見ること、またアドバイザーとしてさまざまな経験を蓄積することで、時間をかけて自分自身のスタイルを身に付けていきたいと考えています。そのためには、日々の仕事においても近視眼的な視野に偏ることなく、自分なりの長期的ビジョンを常に意識しながら、業務に全力を尽くしていきます。

04