働きがいのある職場とは

すべての社員がそれぞれの考える多様な働き方を実現するために、生活と仕事を両立できる制度や仕組みづくりに取り組んでいます。産休・育休制度やフレックスタイム、時差出勤、在宅勤務などの生活と仕事を両立させるための制度を拡充するだけでなく、仕事と育児や介護の両立に向けた悩みや不安を取り除く各種セミナーも数多く開催しています。大切なのは育児や介護を引け目に感じることなく、生活と仕事のどちらも両立させることが当然だと、誰もが感じられる環境を整えることであり、各種制度を活用することで育児や介護に携わりながらも、「個」の強みを最大限発揮し仕事で成果を上げられるようになることです。そのためにも利用者の声を踏まえ実態に即した制度の見直しも随時進めています。

01勤務制度

  • ・フレックスタイム
  • ・時差出勤
  • ・短時間勤務
  • ・在宅勤務
  • ・週休3日・4日勤務
  • ・休日選択制度

02仕事と育児との
両立支援

  • ・プレママセミナー
  • ・育児休業者セミナー
  • ・両立支援セミナー

03産休・育休制度

  • ・育児休業制度
  • ・復職前面談の実施
  • ・男性の育児休暇取得可能

さまざまな勤務制度

当社では、社員が仕事のモチベーションを持続しながら長く働き続けられるために、
すべての社員に柔軟な働き方を選択できる仕組みを提供しています。

フレックスタイム

(始業・終業時刻を
自主的に決定し働く制度)

1カ月における所定労働時間を予め定めておき、その枠内で各日の始業および終業の時間を自主的に決定し働く制度。

※但し、コアタイム(10時〜15時:休憩時間60分除く)の勤務は必須

時差出勤

(始業・終業時刻の
繰り上げ・繰り下げが可能な制度)

7時〜22時の間において、1日の所定労働時間(7時間30分)はそのままに、業務内容により勤務する時間帯を変える制度。

短時間勤務

(育児・介護)
(所定労働時間を短縮する制度)

始業時間の繰り下げ、終業時間の繰り上げのいずれか、または両方により、所定労働時間(7時間30分)を短縮する制度。

※短縮時間/育児:最大180分、介護:最大120分
その他諸制度/週休3日・4日勤務、休日選択制度

在宅勤務

(最も効率的な働き方を
自律的に選択できる制度)

会社が貸与するPCなどのリモートアクセス機能を用いて労働時間の全部または一部を自宅で勤務する制度。

仕事と育児との
両立支援への取り組み

出産・育児をサポートする制度 (全体像)

出産・育児をサポートする制度の図

産育休制度

当社では、出産・育児に関わる障壁を極小化していくため、満2歳までの育児休業制度、中学校就学の始期に達するまでの短時間勤務制度を始めとする柔軟な勤務制度を設けているほか、託児料補助、復職前面談の実施等により、育児をしながらキャリアを形成しようという社員を支援しています。

仕事と育児の両立支援

妊娠中の社員には、復職後のキャリア形成への意識啓発や、両立のためのノウハウ伝授を目的に「プレママセミナー」を実施しています。育児休業中の社員を対象に、「育児休業者セミナー」を開催。また、復職後の社員全員を対象として「育休復帰者セミナー」を実施。復職後の仕事と家庭の両立スタイルを振り返り、中長期的な視野でキャリアを考える機会を提供するなど、両立しながらのキャリア形成のサポートを行っています。また、育休中の社員とその上司に対し「出産・育児と仕事の両立おたすけハンドブック」を配布し、ライフイベントとの両立をサポートしています。

両立女性社員対象の働き方ワークショップの写真

両立女性社員対象の働き方ワークショップの様子

男性の育児休業100%取得促進

一日単位で取得可能な育児休業制度を導入。男性社員の育児への主体的参画を促し、仕事と育児の両立を組織全体で実践しています。

プラチナくるみん 子育てサポートしています

福利厚生制度

全ての社員がいきいきと働けるよう、心身の健康・活力を高める環境が十分に整えられる必要があります。
そこで、個々のライフスタイル、ライフステージをサポートする多彩な制度を設け、家庭生活や社会活動の充実、
健康管理といった観点から、豊かなライフワークの実現を目指しています。

諸制度

住宅関連 独身寮、借上社宅、提携住宅ローン利子補給金、住宅補給金、単身借上社宅 など
余暇支援 福利厚生専門会社費用補助金 など
財産形成 各種財形(奨励金)、職員総合口座(奨励金)、持株会 など
健康管理 健康診断制度、人間ドック費用補助金、インフルエンザ予防接種補助金 など
自己啓発 通信教育費用補助金、各種学校学費補助金 など
生活支援 グループ生命保険料補助金、結婚祝金、出産祝金、弔慰金制度、災害補償制度、団体保険・団体扱保険制度、ホームヘルプ・ベビーシッター費用補助金、ベビーシッター育児支援割引制度、育児保育施設費用補助金 など
その他 通勤費補給金、単身赴任補給金、帰宅補給金、海外旅費、共済会(給付、貸付、遺児育英年金等) など

休暇制度

連続休暇 連続5営業日休暇
リフレッシュ休暇 勤続 満10年、15年、20年、30年経過者に付与。連続5日間の特別休暇
永年勤続休暇 勤続 満25年経過者に付与。連続5日以上10日以内の特別休暇
ボランティア休暇 国や地方公共団体等の社会福祉機関、およびNPO法人等における無償奉仕活動などに従事する者に付与。連続20営業日以内の特別休暇
自己啓発休暇 会社が認める自己啓発制度を利用する場合に連続5営業日以内の休暇付与
看護休暇 中学校就学までの子の傷病看護 子1人につき5日以内
その他

上記以外にも各種制度を整えています。

・スポット休暇
本人や配偶者の誕生日・結婚記念日当日に年次休暇を取得

・積立休暇
前年度に繰り越された年次休暇日数のうち、前年度末までに取得されなかった日数を毎年度積立て

※最大60日(取得要件:傷病療養・傷病介護など)

利用者の声

  • 塚本 美香Mika Tsukamoto
    企画グループ
    グローバル
    戦略部
    2009年入社
    法学部卒

    私は、第一子誕生のときに生後3ヶ月半、第二子のときに生後4ヶ月半で職場復帰しました。育休は1~2年の取得が可能ですが、私の希望もあって短期間の育休制度利用でした。現在は家族と協力しながら子育てをしていますが、当社の「ホームヘルプ」という制度を活用しています。これは、家族の疾病や出産・育児で、ホームヘルパー・ベビーシッターが必要となった場合に利用できる制度で、利用料の一部が会社から支給されるというものです。私は定期的にホームヘルパーさんに来ていただいています。本来であれば高額で利用のハードルがありますが、制度利用によって経済的負担も減り、お願いしている間は子供たちを遊ばせることや、他の用事をすることができるので非常に助かっています。

  • 高木 優子Yuko Takagi
    金融市場
    営業第三部
    1998年入社
    法学部 法律学科卒

    産育休制度を利用した1年間の休暇を経て、現在は短時間勤務(9時30分~16時00分)で働いています。4歳になる子供の保育園の送り迎えがあるのでこのような制度はとても助かりますし、子供が急に熱を出したときでも有給とは別に看護休暇が子1名につき年5日あるので心強いです。当社は制度だけが整っているのではなく、実際に気兼ねなく利用している人が多いと感じます。周囲の人たちの理解や手厚いサポートを受けて、私も先輩ママたちもいきいきと働いています。