みずほ証券2021年度新卒採用情報 みずほ証券2021年度新卒採用情報

ENTRY MY PAGE
メイン画像

働きがいのある職場とは

すべての社員がそれぞれの考える多様な働き方を実現するために、生活と仕事を両立できる制度や仕組みづくりに取り組んでいます。産休・育休制度やフレックスタイム、時差出勤、在宅勤務などの生活と仕事を両立させるための制度を拡充するだけでなく、仕事と育児や介護の両立に向けた悩みや不安を取り除く各種セミナーも数多く開催しています。大切なのは育児や介護を引け目に感じることなく、生活と仕事のどちらも両立させることが当然だと、誰もが感じられる環境を整えることであり、各種制度を活用することで育児や介護に携わりながらも、「個」の強みを最大限発揮し仕事で成果を上げられるようになることです。そのためにも利用者の声を踏まえ実態に即した制度の見直しも随時進めています。

当社では、社員が仕事のモチベーションを持続しながら長く働き続けられるために、すべての社員に柔軟な働き方を選択できる仕組みを提供しています。

●フレックスタイム(始業・終業時刻を自主的に決定し働く制度)
1カ月における所定労働時間(152 時間48 分)を予め定めておき、その枠内で各日の始業および終業の時間を自主的に決定し働く制度。※但し、コアタイム(10 時〜15 時:休憩時間60 分除く)の勤務は必須
●時差出勤(始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げが可能な制度)
7時〜 22 時の間において、1日の所定労働時間(7時間30 分)はそのままに、業務内容により勤務する時間帯を変える制度。
●短時間勤務(育児・介護)(所定労働時間を短縮する制度)
始業時間の繰り下げ、終業時間の繰り上げのいずれか、または両方により、所定労働時間(7時間30分)を短縮する制度。※短縮時間/育児:最大180 分、介護:最大120 分
●在宅勤務(最も効率的な働き方を自律的に選択できる制度)
会社が貸与するPC などのリモートアクセス機能を用いて労働時間の全部または一部を自宅で勤務する制度。

●産育休制度
当社では、出産・育児に関わる障壁を極小化していくため、満2歳までの育児休業制度、中学校就学の始期に達するまでの短時間勤務制度を始めとする柔軟な勤務制度を設けているほか、事業所内保育所の設置や託児料補助、復職前面談の実施等により、育児をしながらキャリアを形成しようという社員を支援しています。
●仕事と育児の両立支援
妊娠中の社員には、復職後のキャリア形成への意識啓発や、両立のためのノウハウ伝授を目的に「プレママセミナー」を実施しています。また、育児休業中の社員や、職場復帰をして仕事と育児の両立中の社員などを対象に、「育児休業者セミナー」や「両立支援セミナー」を開催し、女性の仕事と育児の両立とキャリア形成のサポートを行っています。また、妊娠中の社員とその上司に対し、「子育てハンドブック・マニュアル」(本人用・上司用)を配布し、ライフイベントとの両立をサポートしています。
●男性の育児休業100%取得
一日単位で取得可能な育児休業制度を導入。男性社員の育児への主体的参画を促し、仕事と育児の両立を組織全体で実践しています。