why なぜ、私はみずほ証券を
選択したのか。

01

学生時代に接客業のアルバイトを経験していたこともあり、お客さまと接する仕事がしたいと思っていました。人と出会う仕事は数多くありますが、就職活動を進めるなかで、証券会社は会社経営者や著名人、その道のスペシャリストや人生の成功者の方々にお会いできる機会が多く、自分も成長できるのではないかと感じていました。そんな時期にみずほ証券が学内セミナーを開催していたので参加し、先輩社員の話を聞いたときは、とても魅力的な仕事だと感じました。その後、会社訪問などを通じ社員に会うなかで、お客さまのことを考えながら、イキイキ働いている女性社員の姿を目にして、自分の将来像を具体的にイメージできた気がしました。また、みずほ証券は証券会社のなかでもプラネットブースという銀行連携のビジネスモデルを確立しており、私自身も資産運用の新しい形である銀行連携業務に携わりたいと思ったことも入社の大きな理由です。

01

what 私は日々、何を原動力に、
何に挑んでいるのか。

02

入社して配属されたのが渋谷支店でした。就職活動で見学した際に対応してくださった先輩社員も優しく接してくださり、とても安心感がありました。その後、異動で青山支店、大宮支店でプラネットブースの銀行連携業務を経験しました。そして現在は、池袋西口支店のウェルスマネジメント部ウェルスマネジメント2課の課長としてマネジメント業務と連携業務を行っております。連携業務では、証券会社のプロとして、お客さまに最新の情報をお伝えし資産運用のアドバイスを行うことで、お客さまに喜んでいただくことが大切です。きちんと接することでお客さまとの絆も強くなります。
私は、昨年育児休暇を取得していたのですが、復帰した際に多くのお客さまが「おかえりなさい」と言ってくださったことが、とても嬉しかったです。マネジメント業務としては、課長として部下を守り成長をさせることを常に意識しています。部下は上司を選ぶことができませんし、上司次第で部下の今後の人生が左右されることもあります。部下と真摯に向き合いながらマネジメントを行い、一緒になって目標達成に向け頑張っていくことで、部下が成長していく姿を見るのが大きな喜びです。お客さまに喜んでいただくことと部下の成長が、私の原動力であると感じています。

02

when 私はどんな瞬間に成長し、
達成感を享受するのか。

03

課長になったときは嬉しいと思う反面、多少戸惑いもありました。課長として部下に何ができるかをまず考えて、大宮支店勤務時に課長だった上司に相談しました。とても部下思いで責任が強く、真摯な姿勢で仕事を進める方で、「私もいつかはこんな上司になりたい」と尊敬すると同時に憧れの存在です。その方から課長として注意するべきことなどいろいろとアドバイスをいただきました。
そして、私自身が、部下一人ひとりに対してどのように成長して欲しいと思っているかを、部下と真剣に話し合いました。当時、女性社員と男性社員の部下に対して「この1年で昇格することを目指して一緒に頑張っていこう」という話をしました。目指すべき目標をしっかりと持つことで、やるべきことが明確になってくるので、何をどのように進めていくべきかを具体的に話し合いました。そして営業に同行するなど、一緒に目標に向けて頑張りました。そして昇格発表日、部下達から「課長、昇格できました!」と報告があったときは、本当に嬉しかったですね。それと同時に、課長という役職の役割と醍醐味が分かったような気がしました。今後も部下のためにも、そして私自身のためにもマネジメント力を磨いていきたいと思っています。

03

how 私は将来どう挑み、
実現するのか。

04

昨年、育児休暇を取得し、課長としてフルタイムで4月に復帰しました。復帰する際には、上司と色々と話し合いました。保育園の送迎があり朝の管理職会議に参加できないので、会議の内容の引き継ぎを行ったり、夕方の会議の時間を早めてもらったり、多様かつ柔軟な働き方を可能とする就業環境を整えてもらっています。上司や部下を含め周りのサポートのおかげで課長として仕事を継続できていることに、本当に感謝をしています。みずほ証券では、働き方改革として有給取得の促進を図っており、子どもが体調を崩した場合などに有給取得が取りやすい環境にあることも、とても嬉しく思っています。実際に復帰する前は、「育休から復帰後にさまざまな問題に直面をしてキャリアビジョンを描くことが難しい」と感じ、後ろ向きに考えてしまう女性もいるようです。そんな状況を反映してか、先日は育児休暇から復帰して仕事をしている女性社員が集まるセミナーが開催され、情報交換をしました。今後は定期的に開催していく予定だと聞いています。後輩のためにも私自身がロールモデルとなっていけたらと思っています。将来的にはマネジメントだけでなく、支店全体、会社全体という視点に立った業務も求められてくると思います。現在まで支店業務しか経験がないので、エリアを管轄する本社部署での業務なども経験して、もっと視野を広げていきたいと考えています。みずほ証券はやってきたことをきちんと評価してくれるので、次なるステップに向けて挑戦して、さらに自分を高めていきたいと思っています。

04