why なぜ、私はみずほ証券を
選択したのか。

01

就活では、当初業界を絞らず、幅広い業界・業種にアプローチしました。それは、当時は自分がどんな仕事に携わりたいか明確でなかったからです。やがて多くの会社説明会に参加する中で、自分が大切にしたいことが見えてきました。それは「人と人との繋がり」です。自身の人生を振り返ると人との繋がりに恵まれて今の自分があり、それは自分が大切にしてきたこと。その気付きから着目したのが金融業界です。金融業界はお客さまの大切なお金を扱う仕事であり、人との深い繋がりがあってこそできる仕事だというところに魅力を感じました。
金融業界の中でも証券会社はリスク商品を取り扱うことから、より人との深い信頼関係が必要であり、お客さまとの関係性を築くことが自身の成長にも繋がると思いました。みずほ証券は、そのことを説明会で一番熱く教えてくれた会社であり、自分が大切にしていること、今後も絶対に大切にしていきたいことを改めて気付かせてくれたのです。自分の想いを実践できる最適な場と感じて、入社を決めました。

01

what 私は日々、何を原動力に、
何に挑んでいるのか。

02

個人、法人問わず、お客さまへの資産運用提案を中心に、事業承継、決算対策など、お客さまの資産に関するコンサルティングを行っています。他部署の方々の協力やみずほの強みである「銀・信・証」の連携を活かし、それぞれのお客さまに満足していただける商品・サービスを提供することが私たちのミッション。もちろん、すべてうまくいくわけではありませんが、お客さまの資産運用のゴールを一緒に目指すことにやりがいがあり、それが私の原動力になっています。
「投資は自己責任」と言われていますが、私はそう割り切ることはできません。自分が本当にいいと思って提案したものの、成果がでなかったときの責任は重く感じますし、本当に自分の努力が足りていたのか深く反省します。しかし、状況が良いときも悪いときもお客さまと真摯に向き合うことで、お客さまとの繋がりもより深まります。だからこそ自分を高めていく努力が必要であり、昨日よりも今日、今日よりも明日と、自身を成長させていくことで、お客さまとの繋がりを深めていくことができると思っています。

02

when 私はどんな瞬間に成長し、
達成感を享受するのか。

03

振り返ると、辛いときや苦しいときほど成長や達成感がありました。入社1年目、新人は新規開拓を担当するのですが、なかなか成果が出ず、同期の成果は素直に嬉しい反面、とても悔しい思いもしました。そんな日々の中で心掛けたのは、後悔のない毎日を送ろうということです。あと一件、あと一件と、自分に言い聞かせて、時間の許す限り訪問を続けました。前向きに努力すれば必ず成果は出ます。「努力は報われる」という言葉は私の中で絶対であり、努力の継続が成長を促したと考えています。加えて大切なのは、上司や先輩、同期や後輩との繋がりです。仕事は一人ではできません。周囲から学ぶことは非常に多いため、常に謙虚であり続けたいと思っています。
私が提案する際は、本気になってお客さまのことを考え、その人のためになるという確信のもとに、資産運用をおすすめします。本気でお客さまのことを考えるとは、お客さまに寄り添ってお客さまを理解することであり、同時に自分のことも知ってもらうこと。その過程でお客さまと信頼関係を築いていくことが私の仕事です。その結果として、実際の資産運用で成果が生まれ、お客さまにご満足いただいたとき、そこに確かな達成感があります。

03

how 私は将来どう挑み、
実現するのか。

04

現在は中堅社員、あるいはベテランの域になりました。そのため自分だけでなく、所属する浦和支店全体を底上げできるように、周りを見て行動することが求められています。それによって、支店の実績向上に寄与したい。日々の営業活動にはやりがいを感じていますが、浦和支店は若手が多く、若手社員の成長に繋がるサポートや、モチベーション高く仕事に臨める環境を作ることも自分の役割だと自覚しています。苦しいときほど前向きに取り組む姿勢や、人との繋がりを大切にすることを若い世代にも伝えていきたい。私が幸せな営業社員であれたのも、厳しくも優しい上司に恵まれたからです。部下に幸せになってもらえる、そんな上司になることが当面の目標です。証券業界は、私の入社時に比べて、急速に変化・進化しています。将来的に、常にその先頭に立って、日本の証券業界の最前線で活躍できる人材に成長していきたいと思っています。

04